TOP » 種類別にチェック!屋根修理業者の活用法 » 葺き替え

葺き替え

屋根の葺き替えのタイミングや葺き替えをすることのメリットについてまとめています。

屋根の葺き替えのタイミングは

葺き替えとは、もともとの屋根材をすべて撤去して新しい屋根材に変えることです。屋根は日光や雨風にさらされ劣化しやすい部分。築年数が経過すると屋根材がひび割れたり、錆が発生したり、苔が生えたり、漆喰がはがれたりします。

そのまま放置しておくと雨漏りなどのリスクが高まり、建物自体の寿命を縮めてしまうことになります。

葺き替えのタイミングとしては、スレート屋根の場合は10~15年、日本瓦なら25~30年、トタン屋根なら6~10年くらいが目安。そのほか、以下のような症状が見られたら、葺き替えを検討したほうがいいかもしれません。

これらの症状が1、2個該当する程度なら部分的な修理でも対応できますが、5つ以上当てはまる場合には、屋根の葺き替えが必要です。

軽量瓦と粘土瓦の違い

軽量瓦とはその名の通り従来の瓦を軽量化したものです。その重さは従来の半分程度。瓦の重さを軽くすることで建物の「軽量化」と「重心の低下」が図れ、地震の際の建物の揺れを小さくすることができます。それによって、建物が倒壊する危険も低くなります。

粘土瓦は、昔ながらの焼き物の日本瓦のこと。重量がありますが強度が高く、耐久性、断熱性、遮音性に優れ、寿命が長いというメリットがあります。

葺き替えをすることのメリット

屋根の葺き替えをすることで屋根は新築のようになり、寿命が延びます。軽量瓦など、軽い屋根材を使うことで耐震性も高くなる場合も。屋根の劣化によって雨漏りなどが発生していた場合、そうした問題も根本から解決されます。

屋根の葺き替を素人が行うのは非常に危険です。専門知識や技術も必要になり、逆に屋根の機能を低下させてしまう場合も。屋根の葺き替えは、専門業者に依頼するのがもっとも早く、安全で確実。まずは無料点検を利用するのがおすすめです。

業者6選比較
宇治市で屋根修理をしたい人に向けて、対応力に優れたおすすめの業者をまとめています。実際に電話をかけ、対応スピードや点検・調査方法を調査しました。
     対応してくれた
6社の調査結果を比較!