TOP » 種類別にチェック!屋根修理業者の活用法 » 雨樋修理

雨樋修理

雨樋の破損理由や修理時期、修理をする際に知っておきたいポイントについてまとめています。

壊れた雨樋を放置するデメリット

雨樋は雨が降った際、その雨水を軒先で受けて地上や下水に流す役割をしています。一見、地味に見えますが、この雨樋が壊れたり、曲がってしまったりすると大変なことになるのです。

雨樋がないと雨水が軒先から軒裏に入り込んでしまい、やがて屋根を腐食させてしまいます。外壁にも染み込むため、壁の内部も腐食。さらに雨水が軒先から直接地面に落ちると、建物の基礎の周りを不安定にしてしまうのです。

このような状況に陥らないためにも、雨樋はなくてはならないもの。その雨樋が壊れたり曲がってしまう原因には以下のようなものがあります。

雨樋修理には火災保険が適用になる場合も

雨樋を修理するタイミングとしては、以下の点をチェックしてみてください。

雨樋をDIYで修理する人もいるようですが、うまく勾配がつけられないと、きちんと排水されず何度もやり直したりして、かえって手間がかかる場合があります。また高所作業になるので危険も伴います。

雨樋修理は、専門業者に依頼したほうが早くて確実です。業者に依頼すると費用が高くなるのでは?と思うかもしれませんが、風や雪などが原因で雨樋が破損した場合、火災保険が下りる場合があるので、専門業者に点検をしてもらうといいでしょう。

雨樋の修理が必要かどうかわからないという場合にも、無料点検を利用することをおすすめします。

業者6選比較
宇治市で屋根修理をしたい人に向けて、対応力に優れたおすすめの業者をまとめています。実際に電話をかけ、対応スピードや点検・調査方法を調査しました。
     対応してくれた
6社の調査結果を比較!