TOP » 種類別にチェック!屋根修理業者の活用法

種類別にチェック!屋根修理業者の活用法

屋根修理の種類ごとに、修理をするタイミングや業者に依頼するメリットなどについてまとめています。

屋根修理の種類と業者に依頼するメリット

雨漏り修理

雨漏りを放置していると、シミやカビが発生し、やがては木材が腐食し、シロアリが発生し、建物に大きな被害を与えます。雨漏りを見つけたら、なるべく早く対処することが重要です。天井や壁にシミがあったり、カビのにおいがしたり、雨樋から水があふれてくるようなら、雨漏りの可能性が高いです。

雨漏りの修理は、一時的な応急処置であれば自分で行うことも可能ですが、根本的な修理をするのであれば専門知識や技術のある修理業者に依頼するのが安心です。

雨漏り修理について詳しく

葺き替え

屋根は紫外線や雨風など、毎日、過酷な環境にさらされているので、劣化の激しい部分でもあります。そのため、ある程度の築年数が経つと、葺き替えが必要になります。

屋根の葺き替えは、スレート屋根なら10~15年、日本瓦なら25~30年、トタン屋根なら6~10年くらいを目安に行われることが多いようです。屋根の葺き替えをすることで屋根は新築になり、建物自体の寿命も延ばすことができます。屋根材を軽量のものにすると、耐震性も高くなります。

屋根の葺き替えについて詳しく

塗り替え

屋根の塗り替えというと、見た目の問題かと思われがちですが、それだけではありません。屋根を塗り替えることで、建物の防水性や断熱性、防錆性などを高め、屋根材や建物自体を保護することになるのです。

屋根はあまり目につくところではないので、後回しにされがちですが、不具合が起こってから修理をするのでは、お金も時間もかかってしまいます。築10年を目安に、屋根が白くなるチョーキング現象があらわれはじめたら、塗り替えを検討することをおすすめします。

屋根の塗り替えについて詳しく

雨樋修理

屋根から落ちてくる雨水を軒先で受け、地上や地下に流す雨樋。あってもなくても変わらないように思える雨樋ですが、この雨樋が壊れたり曲がったりすると、雨水が軒先から軒裏に入り込み、屋根を腐食させたり、外壁から雨がしみ込んで壁内部を腐食させる恐れがあります。

直接雨水が地面に落ちることで、建物の基礎の周りも不安定になってしまいます。雨樋は経年劣化のほか、風や雪、温度差などによって破損してしまうことがあります。風や雪による破損の場合は、火災保険が適用される場合があるので、修理業者や保険会社に問い合わせてみましょう。

雨樋修理について詳しく

業者6選比較
宇治市で屋根修理をしたい人に向けて、対応力に優れたおすすめの業者をまとめています。実際に電話をかけ、対応スピードや点検・調査方法を調査しました。
     対応してくれた
6社の調査結果を比較!